高級賃貸は住む以上に付加価値を得られる|満足生活の巻

夜景

経営者が住んでいる

家とお金

高級賃貸を借りる人はいろいろな人がいます。中でも多くいるのが経営者や会社役員などがいます。また、最近では、若い経営者も増えています。20代後半や30代前半でも港区の高級賃貸に住んでいる方々が多くいます。これらの人たちの中には、自宅として居住している人もいれば、第二の自宅として利用している人もいます。賃貸物件は、経費として計算することができ、税金を節約することにも使うことができます。また、購入することでマンションの管理組合に入ることもあります。その組合には、出席しないといけないことがあることや理事や役員に選ばれる可能性もあります。しかし、賃貸として借りることになれば、組合に出席する必要もなくなるので仕事に集中したい人の多くが賃貸として住んでいることが多くあります。

高級賃貸に暮らすことで気づくことが多くあります。港区にある高級賃貸では、高額な費用を支払うことができる人が集まっています。現在進行形でビジネスを成功している人や安定をして稼いでいる人たちが多く暮らしています。そのため、その高級賃貸には、活気があふれています。しかし、購入した場合、10年後、20年後に稼いでいるかはわかりません。管理費や修繕費などを支払うことが出来るのかわからなくなります。そういったことになると売却する必要が出てきます。そういったことが続くと高級賃貸に活気が無くなるでしょう。

最近では、家賃が30万円くらいする高級賃貸が増えてきています。東京で言えば、港区や中央区、品川区などをあげることができます。これらの賃貸は、50から60m2の2LDKや40m2の1LDKなどがあり、設備や仕様が充実しており、満足の行く生活をすることが可能になります。また、デザイン性にも優れており、いつもと違った生活を送ることができるような物件が多くあります。